スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | | - | - | | - | - |
Entry: main  << >>
地上の好きな天使 第二章第1話
第二章

第1話 路上詩人オトノムがはじめて天使のパドとえかきさんのうわさを聞く話

原っぱには、何のへんてつもない光がみなぎっていました。
すべてのものがうとうと、まどろんでいます。
ただひとり、太陽だけが、まばたきもせず、すべてをじっと 見はっていました。透きとおったまなざしを、すべてのものにそそいでいました。そのまなざしに、この丘も、小川も、あたりいちめんすっぽりと くるまれています。
そうして、ここからしめだされるものは、なにひとつ ありませんでした。ただ何不自由ないあかるみだけが、どこまでもどこまでも、広がっています。

少年オトノムが、チッポルの丘をはじめておとずれたのは、クリスマスのすこしまえ。あの、小鳥たちの楽隊がお空へのぼった、光のできごとのあった日でした。
丘の広場にでくわして、オトノムはおどろきました。原っぱのうえに寝ころんだとき、もっとおどろきました。
オトノムがここにいても、なにもさしつかえありません。それくらい、オトノムは まるきりすっぽりと、このあたりの風景にはまりこんでいました。
そうしてただ、どこまでもつきあたることのない、草むらと、たかい空とが、自分といっしょにつづいていくのでした。

原っぱのまんなかに、丘がありました。そして原っぱのはずれには、一台のおんぼろバスが停まっていました。草ぼうぼうのなか、ただひとり、じっとうずくまって、バスはねむりこけています。

   *** 

さて、きょうも原っぱのうえには、こんな詩がただよっていました。こもりうたのように。

  それは 置いてきぼりの マイクロバスが からだじゅう
 くぼみだらけで かたむいたまま ポツンと うたたねしてる はらっぱだ
 まいごのねむる はらっぱだ

 ここは どこかと どこかの間
 ぼくは 昔、よそものだった?
 ――でも、いやに居心地がいいんだ――
 ほんというと、いまでもふしぎなのさ ぼくが
 あんまりすっぽりと 当てはまっていたものだから…この辺りに
 どこまでいっても つきあたらない がくぶちのなかに

詩は、ふとオトノムの口をついて出たのでしたが、なんだかとっくの昔から、原っぱのうえをただよっているようにも思えました。……

たんぽぽの種が、日ざしにすけたパラソルをまわして、オトノムの耳もとを通りすぎます。 オトノムは、すっかりさびついたマイクロバスの横に、どっかりと腰をおろしました。ここが、かれの寝床です。
あたりをみまわすと、一列のポプラ並木をはさんだ、原っぱとブナの林のあいだのあちこちを、とげだらけのイバラの蔓べがとりまいています。そこへくねくね、ヘビのように身をからませた、エビヅルの巻きひげの葉が、かみそりみたいに光って、オトノムのすわる、バスの上までとどいています。その葉さきから、ツゥーと一本の糸をつたいおりて、クモがさかだちをはじめました。
糸のさきはすこしとおくのイバラのとげにはりついて、クモはようやく足がかりをつけました。それは、だんだんと、透きとおった傘のような、五角形のわくをかたどっていきます。その傘のなかを、めまぐるしく動きまわりながら、クモは渦巻の迷路をぐるぐる、はりめぐらしていきました。
オトノムは草のうえにねそべりながら、その様子をうかがっています。
と、どこからともなく、たんぽぽのわた毛が舞い込んできました。

オトノムはまた、うたいました。うとうとしながら……。

 はらっぱだ 置いてきぼりの はらっぱだ
 迷子のねむる はらっぱだ
 おひさまに からだをすかした たんぽぽの
 わた毛がきらきら 金色の 光をはなって 舞い降りる
 サーカスの 曲芸よろしく ゆ〜らんゆらん
 道化師の 衣装をまとった アシナガグモの
 鉄条網が 待ち受けている……

 いっせいに ざわめきわたる 草のなみ
 ――透きとおった手に なぶられるよう
 緑いろの 海いちめんに こだまする
  (遠くで サイレンの音) ……
 本当に ぼくひとりなんだ ぼくはよそもの?
 ――でも居心地がいいんだ きっと生まれたときから ずっと こうしていたのさ……?

 『やあ! こんなところにいたのかい?
 (どこからか、ささやき声。おんぼろバスの 耳もとで)
  ぼくじゃあないか。不思議だなぁ?
 ぼくが、 こんなところにいたなんて。 ぼくのからだが こんなところに
 あっただなんて!
 だが、なんだかなつかしいな……
 こうしていると、そっちに 吸いとられていくようだよ』
 「いやだな、くすぐったいよ! そんなに近くでささやいては
 ――でもきみは、もう ぼくを 通りすぎて行くんだろう?」

オトノムはそう言って、とび起きました。しきりに、耳をかいているのでした。
「ああ、くすぐったかった……。だれだろう? ささやいていたのは?」
オトノムは振り返りました。風が通りすぎます。遠くで、汽笛が鳴りひびきました。

「おや?……なあんだ、きみだったのか!」
オトノムの耳もとから、たんぽぽの種の精がひとり、ふんわり舞いあがると、ふたたびオトノムの鼻さきへおりてきました。
「だれかと思って? がっかりしたようね。天使じゃなくって、ざんねんでしたこと。ちいさな詩人さん!」
「べつに……。そんなこと、思ってやしないよ、ぼく。……だいいち、天使なんか、いやしないもの。」
オトノムは口をとがらかしました。
「あら!」 たんぽぽの精は首をかしげました。
「だっていまの詩は、あの雲のうえから天使が降ろしてくるのと、おなじものよ。」
たんぽぽの精は丘のま上、空のてっぺんちかくをさして言いました。
「ぼくはべつに、まねっこはしないさ!」 
オトノムはむきになって言いました。
「そんな意味じゃなくってよ。ひとつだってこと。そうだわ、たしかにあなたさっき、どこまでいっても つきあたらない がくぶちのなかに、っていってたもの。がくぶちにつきあたらないってことは、じっさい、ほんとにしあわせなことなのよ」
 「そんなこと言ったっけ?」オトノムの目は、もう遠くを見ていました。
 「そうなんだ…。でもほんとのところは、がくぶちのあるのを忘れているだけで、じつは突き当たったり、突き当たるのを忘れたり、してるのだろうけどね…まぁできそこないの、がくぶちとでもいうところさ。…だけどまぁ、当たらないにこしたことはない」
そういいながら、あまり考えすぎないように、そっと肩をすくませました。
けれども、すこし間をおいて、すこしうつむき加減にぼんやり言いました。
 「そういわれてみれば、こんな居心地のいい思いになったのは、めったになかったことのような気がする。いいところを見つけたのだと、いいけど。」
 「まあいいわ、ともかく……」 たんぽぽの精は、ふわりとおどりあがって、少年に話しかけました。
「そうつぶやいて、一日、すごしてるの?」
「どうでもいいじゃないか…そんなこと!」 オトノムはまたすこし、怒りました。
「そう腹をたてないでよ。あのうたは、そのまま風にながしてしまうの、と聞いているのだわ?」
「うたなんてうたってないよ。ぼく……たぶん、ねごとを言っただけさ。うたたねしちまったんだ。」
「うそばかり。」 たんぽぽの精は、綿毛の先だけをふわりとゆらして、かすかにほほえみました。
 「だれかにきかせたらいいのに。えかきさんだって、ちゃんとカンバスに絵を残すのよ。音楽家だって、五線紙に……。」
「いちいちおぼえてないよ。ふと口をついて出るんだ。そして消えてく。書きとめてなんかいたら、すぐ逃げていっちゃう。ほんのすこし立ちどまっただけで、もうかわっているのさ。」 オトノムは、すこしいらだちました。
 「だから!…だから、雲のうえから降りてきたのとおなじものだと、さっき言ったのよ。……まあ、いいわ。ともかく、」
ともかく、というのが、この妖精の口ぐせのようでした。
「あなたは、あそこの家へ行くといいわ!」
とつぜんそう言って、たんぽぽの精は丘のまっすぐ北を指さしました。
 まるで日ざしの落とし子のような、オレンジ屋根の館が、八頭竜の兄弟のお山、ジムリ岳のふもとの緑にうずもれて、ひとつぽつんと、ひかってみえました。
草むらに落ちたクマイチゴの粒みたいに、おいしそうです。
 「あそこに、ちいさいアトリエがあるわ。あんたみたいなうつむきかげんの子どもがたずねてくるのをまっているのよ。」
たんぽぽの精はそう言って、オトノムをのぞきこみました。
まっ黒に日焼けした顔のなかに、底ふかい湖のような、みどり色のひとみがきらきら輝いて、まっすぐにたんぽぽの精をみつめています。
「うつむきかげんの子どもだって? なんてこった。ああでも、じっさいぼくはひかげの子どもさ!」 オトノムは肩をそびやかして言いました。
「どこから来たのかも、どこへ行くのかもわからない。」
たんぽぽの精はそれをきくと、からかうようにくすっと、わらいました。
 「さっきはいちおう、町からやってきたのでしょう?」
 「いちおう…は、それぁ。…町の通りから。だけど、その日ぐらしさ。学校はやめたし、孤児院も出てきた。どこもおなじさ。 ……ああ、それはそうと、ここはどこかとどこかの、境目なんじゃないのかい?」
「ええそうよ。町と村との。もっとも、地上と空との境でもあるわ。光とかげ、透きとおったものと、ぼんやりかたちあるものとの、境でもあるのよ。」
「それぁそうだ……。さっき、そんな夢もみた。でもどおりで、何かと何かのかさなるような、はなれるような気はしたんだ。」
「そう。それを町より、感じることができるわね。あなたにはここが似あうわ。ここはあなたの居場所よ。……あなたひとりで、思う存分ね? だけどときには、なかまにも囲まれるほうがいいわ。あなたにとっておきのひとたちがいるのよ。」
 「それがその、かくれがとかいう、アトリエの家というわけかい?」 オトノムはおもわず振り向いて言ってから、
「だが、ぼくはひとりが好きさ。」 と、口をとがらすと、すぐにうつむきました。
 「まあ。いがいと、あまのじゃくなのね? この辺りのものたちはみな、ひとりも好きだし、こころのかようなかまといるのも、好きだわ。それはそうと、いま、なにをして暮らしているの?」
「町の少し大きなパン屋で、朝早くガラスみがきをして、そうじをして、窯のそうじもしてた。お金がたりないときは、駅まで行ってた。くず拾いもやるよ。列車の席とりか、荷物はこびとかをね。でも、なわばりってものがいろいろあって、どうもよそものはむずかしい。どうしても仕事がないときは、手品でもはじめるのさ。大道芸だって、こうみえてもすこしはできるんだ。あんまりめだつと、あとで痛い目にあうことも、あるけれどね。」
 「そんなにしてまで…。学校は、行きたくないの?」
 「勉強は…きらいじゃないさ。だけど、つづける金がないんだ。それにだいいち、いじめられる。孤児院とおなじさ。なんだか収容所みたいだもの。」
「家族のひとは?」
「どこへ行ったか知らない。どこかへ行ったきり、母親は…。父親は、そのまえから出稼ぎに行ったままだ。でも出かけるすこし前から、足を悪くしてたらしいんだ。」
 「ゲリラ戦にまきこまれて足をうたれたのじゃない?」たんぽぽの精がいいました。
 「たぶんそう。ひとづてにそう聞いたかもしれない……。本気にしてはいないけどね。」
 オトノムは肩をすくませました。ながいまつ毛をしばたたかせて。
「そう……。このあたりで、暮らせるといいわね。」妖精はためいきをひとつ、そっともらして言いました。
「ともかく……。あのアトリエには、いちど行ってみるといいわ。むかしは、いまのあんたとそっくりだった、おもしろいおんなの子もいるし、それにかわいい二匹の子ねこもいるわ。ちいさな生き物たちと自由におしゃべりできるお庭もあるの。そうそう、アトリエには、ここの風景とそっくりの絵だって、みられるわ。ほかにも、あんたの詩にもでてきそうな、ふうがわりな絵がたくさんあるのよ。あんただって、あそこのえかきさんには、なんでも話せるはずよ。いろんな生き物とお話ができるほどだから。ねえ!…そうそう。そのえかきさんのおうちには、あの丘とそっくりな絵があるわ。丘のうえの塔に降りる、ひとすじの光の糸に感謝して、いまでもその絵を手放さずに持っているらしいの。…… よく丘のま上にやって来ては、ま昼の鐘がなるころに、おひさまとひとつにかさなる、真珠色の雲のうえには、いたづら好きの天使がいて、光のつり糸をたらして遊び、ある日地上につたい降りて、えかきさんの家に降りるらしいって話が、この辺りの一部の生きものたちにつたわっているのよ。」

オトノムは、いつかの冬の、はじめての出来事を、ふと想い出していました。
たったひとすじのカーテンのように、丘に降りてきた光の帯。空いっぱいにひらく、銀の日傘。海に放りこんだ投網にもみえた……。 
じぶんもここにねそべりながら、かすかに小鳥たちのかなでるしらべを聞いた気がして、ふと口をついて出た天使のうたを、おひさまにむかってうたったのでしたっけ。そう、雲にかくれた白熱電球みたいだった、あの、背中にぼんやり虹をかくした、真珠色のおひさまにむかって……。
あの日のような絵が、絵描きさんのうちにあるのか、と、オトノムは思いました。 そしていま、またふと、空を見あげています。

  よろこびの野辺
 すべての白い花々は 一点のくもりもなしに
 みずからのまなざしを、わらいごえを 空へむかって反射さす
 ――光の噴水!
 なんという円天井が 彼女らを包み込んでいることだろう?
 こんなにもすべてが 聞きとどけられるとは・・

原っぱに咲きみだれるマーガレットをあおいで、オトノムは口ずさみました。
茎という茎の燭台に、満開の白い花の炎をともしています。
ほの暗い森にはいると、たんぽぽの精はオトノムをまもるように、ほのかに宙に揺れながらそっと行く手をみちびいていきました。

やがて、がらんと明かるいひだまりにさしかかりました。
オトノムはまた、こうもつぶやきます。

 暖かい気配が、どこまでも どこまでも
 ささやくように ぼくのまわりを囲んでいる
 どんなに速く 歩いても…


「そう、じきに…」と、オトノムはたんぽぽの精を振り返りました。
たんぽぽの精はそっとオトノムの肩にのりました。
「じき、もうじきぼくはそのアトリエをおとづれるだろう。そのまえに、ひとつやっておかなくちゃならない。」
「なにを?」
 「もういちどたしかめたいんだ。ぼくのしてきたこと、ぼくの居た場所を。午睡のなかででも…。しばらくはんぷくするよ。」

森をぬけるころ、オトノムの足はもうひとりでに歩きだしていました。じぐざぐの坂道を、速いテンポで。
たんぽぽの種の精も、いつのまにか もうそれはたくさんにふえて、あわ雪のようにあちこち、漂いながらオトノムのあとをついてきました。
 黄色のねどこはもう、しなびかけて、ミルク色のわた毛のじゅうたんへと、いつしか変わりはじめた原っぱの小道を、オトノムの足がふみしだくたび、シャボンのあわがはじけては、飛びたっていきます。

一羽のモンキチョウが、ひらひら、たんぽぽのじゅうたんを見廻りにおとずれました。おねぼうさんに、出発をうながすように。

「ねえ、わたしたちの詩も、うたってよ!」
たんぽぽの種の精たちは、つぎつぎと舞い上がっておねだりしました。 オトノムは語りはじめました。

 花びらが いつのまに消え去って
 いまでは 地球儀がいっぱいです
 神さまの すこしずつ欠けた ゆめ
 きいろい羽根の 使者が 舞い降りて
 二本の杖で そっと触れると
 ひとり またひとり 妖精たちが
 しろい日傘を 抜きとっては ひらき
 円天井のねどこを はなれていく
 そういう かなしいほどあわい 天体
 閉じられない 無数の宇宙……

そのとき、ま昼の鐘が丘をかけ降りていきました。なにかを告げるように。……

それは村いっぱいに響きわたりました。

| Rei八ヶ岳高原 | 14:12 | comments(0) | trackbacks(0) | | - | - |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | 14:12 | - | - | | - | - |
Comment








Trackback