Entry: main  << >>

天使さまのランプ

くろい ちいさな虫が ひとり
さまよっていました

そよそよ 風の吹く晩に
月夜の晩に ふらふらと
あたりをさまよい
おどっていました ……

    * * *

やみのなかに、ほんのりと明るい、ともしびがみえました。
それは、村と町とのさかいに立つ、外灯でした。
ろうそくの炎が、灰色の鉄格子(てうごうし)のなかで、ちらちらとゆらめいています。

きれいだなぁ。あかるいなぁ。あんなランプ、ぼくもほしいなぁ。
小さな虫はいいました。けれども、そんなことをいっても、どうにもしかたがありません。

虫はまた、夜空をふらふら、どこかへ飛んでいきました。


町のはずれに来ました。

ちいさなおうちでしたが、お部屋の中には、あかりがともっていました。
そのあかりの上には、教会の窓にも似た、ガラスの傘がかぶさっていて、それがまるで時のとまりかけたメリーゴーランドのように、部屋ぢゅうをほんのりと、赤・青・黄・緑、さまざまな色で、ゆわんゆわん照らしていました。
部屋のなかには、子供たちの影が、はしゃぎ声といっしょに、ちらついていました。

きれいだなぁ。ゆめのような世界だなぁ。ぼくもあの傘の中へはいってみたいな。
小さな虫はいいました。けれども、そんなことをいっても、どうにもしかたがありません。

虫はまた、ぴったりとつけていた黒いからだを、窓からはがして、よそへ飛んでいきました。


大通りにさしかかりました。

クリスマスでもないのに、無数につらなるまぼろしの壺(つぼ)のような、青い光と赤い光が、交互に街を照らし出しながら、おしゃべりしていました。
あの女の人には、あかちゃんがうまれたんですって。
あの犬は、荷馬車にひかれたんですって。
あの男の人は、さいふを落として、さがしまわっているようだね。
あのステッキをついたおじいさんは、今夜もお酒をのみすぎた…
などと。

そのむらがる光とおしゃべりは、いつまでもどこまでも、つづいていくようにみえました。
こんな夜中だというのに、ひとびとはまだ、通りを行き来しています。そうして時々、どよめくような笑いや、けんかをする声、乾杯(かんぱい)のグラスの音、女のひとのひめい、馬のひづめの音などが聞こえてきます。

こんな夜でも、きれいなあやしい光がむらがっている。きっとねむることがないのだろうな。虫は思いました。
それにしてもきれいだなぁ。ぼくもあの中のひとつになりたいよ。
小さな虫はいいました。けれども、そんなことをいっても、どうにもしかたがありません。

虫はまた、どこかへ飛んでいきました。
こんどはもうすこし、空気のきれいなところがいいかしら…などとひとりごちながら。


海辺に近づきました。

ザザザー…さざ波が、ざわめきわたっています。
背の高い白い灯台が、にょっきりと、岸辺からのっぽのからだをもたげて、ゆっくりゆっくり、ななめの光をまわしながら、あれた海でもまよわぬよう、ちいさな舟がわたっていくのを、照らし出してやっていました。

やくにたつ、すばらしい光。ぼくもやくにたつ光を、だれかにともしてあげたいなぁ。
それになんだか、きれいだもの。ぼくもあんなのっぽの頭のてっぺんから、海に射しこむりっぱな光になりたいよ。
小さな虫はいいました。けれども、そんなことをいっても、どうにもしかたがありません。

飛び交うカモメたちに食べられないよう、ちいさな虫はいそいで、海辺をはなれていきました。


さいごに、山の方へ入っていきました。

森をつたって、いつものように川べりにちかづきました。

いつもここで、しばらくゆっくりしていくのです。
そういえば、ここで生まれたような気もします。
チラチラときらめきゆれるふしぎな光が、いちばんすばしこく、おいかけっこをしている所にやってきました。
それはじつにせわしく、しきりにはなれたり重なったりしながら、あそんでいます。

なんてやつらだ。すこしもじっとしていない…。
でもなんてきれいなんだろう。小さな虫はこれに出会うたび、いつもそう思うのでした。

辺り一面に、くすぐったい水の音がしています。

ふと見上げると、きれいなお月さまが、青じろい光をこうこうと、夜空にはなっていました。

それはもうあと数日で満月になろうとする、すこし欠けた月でした。

「私のひかりが、ちいさな川面に映って、おじゃましています」
ふいに、お月さまがよびとめました。
虫はすこしおどろいてから、
「お月さま、こんばんは!」
ていねいにあいさつしました。
「ぼくもあなたのように、こんなうつくしい光をからだからはなって、まわりを照らしてみたいです」
小さな虫はいいました。


ふと、お月さまがけげんそうな顔をしました。


が、小さな虫はそれに気づきませんでした。

「さあ。こう言っていてもしかたがないし、なんだかねむくなってきたから、そろそろお宿へかえろう」
小さな虫はつぶやきました。
「どこかにいいお宿はないかな」
くろい小さな虫は、しばらくの間考えながら、あちこち気にして飛びまわりました。

 

花たちはたいてい、夜になるとはなびらを閉ざしてしまいます。そのほんのすこしまえに、からだを入れて休ませてもらうのが、なにか心地よいのでした。

黒い虫は、ランプの形をした花たちが、とくにお気に入りでした。

すこし行くと、おだまきの花がありました。

「やぁこんにちは。とめてくれる?」
「空いていますわ。ようこそ」
おだまきの花は、プロペラみたいな花びらの、まんなかあたりの五枚が、ちょうど黄色い壺のようにのびていて、奥にもぐってぐっすり寝るには、いい場所のようです。
「ふぅ。やっとひと息つけるよ」
くろい虫は、やんわりと黄色い花びらのなかに、もぐり込みながら言いました。


「ねえ?——あのう、虫さん。知っている?」
しばらくすると、おだまきの花が、はなしかけました。
「何をだい?」
虫がききました。
「森の妖精がこんなしらせを送ってきたの。あなたはもう、ご存じかと思ったけれど」
「知らない。どんなしらせ?」
「こういうの。
『満月の夜にまけない、うつくしいランプをさがしています。あなたのランプをみせてくださいませんか? この森ぢゅうでいちばんきれいなランプがみつかりますよう、待っています。お月さまより。』 って」
おだまきの花が、しらせをよみ聞かせました。

「ふぅん。」くろい虫は、首をかしげました。
「お月さまは、その光があんなにうつくしいのに、それにまけない、森の中のきれいなランプをさがしているのかい?」
そう言うと、虫はなんだか不思議がりました。
「そういわれれば、たしかにそうね。でもあなたが私のおうちに泊まると、まるでランプがともったようにとてもきれいだわ」
おだまきがいいました。

「あんまりすてきでもったいないので、私はめずらしく、まだ花びらを閉ざさずに、まるでランプの花のような心地で、こうして咲いているのよ」
「いったいきみはなにを言っているの?」
小さな虫はとてもおどろいて、ききかえしました。
「まぁ。へんかしら。あなたはそう思わないの?」
おだまきがたずねました。
「ぼくはいままで、きれいなきれいな光をさがして、うらやましがって飛んでいたくらいなんだよ。街へ行ったり、海へ行ったり…。そしてやっと帰ってきたんだ。もうねむいよ。寝かしておくれ」
くろい小さな虫は、だだっこみたいにそう言うと、すやすや眠ってしまいました。

おだまきは、しかたなさそうに、黒い小さな虫を花びらにつつんで、一晩じっとしてやりました...。

さて次の日の夜でした。

おだまきの花に、とめてくれたお礼を告げると、
小さな黒い虫はまた、いろいろな所へ出かけ、いろんな灯や光を見てはあこがれて、

やがてまたしかたなく、森へもどって来ました。

しばらく輪をえがいて飛びながら、つぶやきました。
「あぁつかれた。今夜はどんな宿にとまろうかな」
「空いていますよ」
だれかの声がしました。

みると、それはツリガネソウでした。
「やぁ。ここはどれもお部屋がちいさいけれど、いったい何階だてなんだい? じつにかわいいすみれ色の部屋をいくつも、かしてくれるんだね」
小さな虫がいいますと、ツリガネソウは、どれでも気に入ったのをお選びなさい、とすべての部屋をチリチリゆらして、さそいました。
「ふむふむ。じゃぁいちばん、てっぺんのに」
小さな虫がごそごそもぐり込むと、ツリガネソウはさっそくたずねました。
「ねぇ。あなたはもう知っている? 森の妖精がくばってまわる、しらせのこと」
「どんなのだい?」
虫がききました。
「こういうのよ。
『満月の夜にまけない、うつくしいランプをさがしています。あなたのランプをみせてくださいませんか? この森ぢゅうでいちばんきれいなランプがみつかりますよう、待っています。お月さまより。』 って」
おだまきの花がそうしたように、ツリガネソウもまた、同じしらせを、くろい虫によみ聞かせました。

「ふぅん...。お月さまは、ごじぶんの光があんなにうつくしいのに、なんだってそれにまけない、森の中のきれいなランプなぞを、さがしたがるのかな?」
小さな虫は、今夜も不思議がりました。
「そうねぇ…。だけどあなたが、私のちいさなお部屋に泊まると、とてもきれいよ。お月さまにだってまけないくらいかもしれないわ!」
「きみはなにを言っているの?」
小さな虫はひどくおどろいて、さけびました。
「あら。ご自分でそう思わないの?」
こんどはツリガネソウが、おどろいてききかえしました。
「だってぼくはいままで、きれいな光をさがして、うらやましがって飛んでいたんだよ。街へ行ったり、海へ行ったり…。そして今日もやっと、帰ってきたんだ。ランプはぼくの頭のなかだけでたくさんさ。すっかり飛びつかれてね、もうねむいよ。寝かしておくれ」
くろい小さな虫は、だだっこみたいにそう言うと、今夜もすやすや眠ってしまいました。

その次の日の夜でした。

小さな虫はまた、いろいろな所へ出かけ、いろんな灯や光を見てはあこがれて、しかたなく森へもどって来ました。
「ふう。今夜はどこの宿に泊まろうか」
「空いていますよ。よろしかったら、およりなさい」
だれかが言いました。

それは、キキョウの花でした。
「おお、これはありがたい!」
小さな虫は思いました。まんなかのしべにかくれると、ちょっとふわふわして、じつにいい夢み心地だろうと、思えたのです。
「ありがとう。ではえんりょなく」
小さな虫がさっそくもぐり込むと、ききょうがそっと、ささやきました。
「ねぇ。知っていらして? 森の妖精がこんなしらせを送ってきましたの。
『満月の夜にまけない、うつくしいランプをさがしています。あなたのランプをみせてくださいませんか? この森ぢゅうでいちばんきれいなランプがみつかりますよう、待っています。お月さまより。』 って」
タンポポの綿毛は、よみあげました。

「またその話かい。」
小さな虫はあきれました。
「なんだってお月さまは、その光があんなにうつくしいのに、それにまけない、森の中のきれいなランプを、さがしたりなどするんだろう?」
「まぁ…。けれど、あなたが私のおうちに泊まると、とてもきれいに思いますよ。外からながめたわけではないけれど、きっとそうにちがいありません」
「やれやれ。どこがきれいなんだ? ぼくはいままで、きれいなランプやきれいな光をさがして、うらやましがって飛んでいたくらいなんだよ。街へ行ったり、海へ行ったり…。そしてやっと帰ってきたんだ。もうランプはたくさん。ねむいんです。寝かしてください」
くろい小さな虫は、だだっこみたいにそう言うと、今夜もすやすや眠ってしまいました。

そのまた次の日の夜でした。

今夜も、小さな虫はまた、いろいろな所へ出かけ、いろんな灯や光を見てはあこがれて、しかたなく森へもどって来ました。

「ああつかれた。もしもし。空いていますか」
「空いていますよ、どうぞいらっしゃいな」

今夜のお宿は、ホタルブクロでした。
すこし大きめの、いくらか先のすぼんだふくろの中は、ホテルのようにゆったりとしています。なんてぜいたくな居心地でしょう。
「では、おじゃまします」
小さな虫は、すこしあらたまると、おずおず入っていきました。
でも、中はひろくて、じつにのびのびできます。くろい小さな虫は、思い切りからだをのばして、あくびをし、休みました。

しばらくすると、ホタルブクロがささやきかけました。
「知っていますか。森の妖精がこんなしらせを送ってきました。
『満月の夜にまけない、うつくしいランプをさがしています。あなたのランプをみせてくださいませんか? この森ぢゅうでいちばんきれいなランプがみつかりますよう、待っています。お月さまより。』」

「その話は、いろいろなところでききました」
小さな虫が、ねむい目をこすりこすり、いいました。
その口調は、すこしいらいらしていました。

「ぼくにはお月さまが、ご自分の光があんなにうつくしいというのに、それにまけない、森の中のきれいなランプをさがしたりする、その気持ちがわかりません」
「まあ! そうですの?… でもあなたは、私のおうちに泊まると、とてもきれいなのですよ」
「きれいって、どういうことでしょう?」
くろい虫は、首をふりました。
「ぼくはいままで、きれいなランプやきれいな光をさがして、うらやましがって飛んでいたくらいなのです。街へ行ったり、海へ行ったり…。そしてやっと帰ってきたのです。うらやましがるのはやめて、もう寝たいです。寝かしてくださいな」
くろい小さな虫が、目を閉じながら、すこし泣き声になってそういうと、ホタルブクロがいいました。
「あなたはお気づきでないのですか? あなたのからだから、ほんのりと、それはうつくしいあかりがともっているのを」
虫はとつぜん、目を見はりました。
「ぼくのからだが光っているって?」
くろい小さな虫は、だれにともなく、ききました。
「おしりが、うつくしいみどりいろに、光っています。あなたはホタルなのですから、それがあたりまえなのですよ。」
ホタルブクロがこたえてやりました。
「やあ、ちっとも知らなかった!」
ホタルは、思わず自分のからだをふり返りました。
おしりですから、よく見えませんでしたけれど、なるほど言われてみれば、なにやらやわらかなあかりが、ともっているようにみえました。

今まで、くろい小さな虫は、自分よりつよい光のもとへばかり出かけていて、自分のかすかな光に、すこしも気づきませんでした。
でも、森のお花たちはほめてくれたのです。

ホタルは、部屋からそっと出てくると、ふと飛び立って、高いたかい空を見上げ、お月さまをよびました。
「お月さま。こんばんは!」

今夜は満月でした。

「まあ。いつかのホタルさん」
すこしすると、すっかりまんまるになったうつくしいお月さまが、夜空のうえからこたえました。
「森のしらせをききました。ちょっと、見ていてください」
ホタルはさけびました。
そうして、もういちどいそいでホタルブクロの中にもぐり込むと、それはそれは美しい、薄みどり色のほのかなあかりを、おしりから放ってみせました。

やすらぐようなそのあかりは、ほたるぶくろの赤むらさきの花びらを透かして、夜の闇に浮かびあがり、なんともいえずやんわりとした光の輪を、あたりに照らし出しました……。

「まあ。なんてかわいらしいこと!」
お月さまは、高いたかい夜空の上から、ためいきまじりに言いました。
「小さいけれど、よくみえますわ。あれはまるで、天使さまのランプ。このわたくしの光にもちっともまけない、うつくしくてやさしい、天使さまの光だわ?」
お月さまは、ほほえんでいます。

この光景をまえに、オダマキや、ツリガネソウ、キキョウの花たちも、みんなちいさくゆれながら、にこにこわらっていました。

お月さまの声が、とおい夜空に響きわたりながら、ホタルのもとへと降りてきました。
それは、こう言っていました。
「きっと、この森のあちこちには、天使さまがむかしから宿っていらっしゃるのよ。だから、あなたを泊めてくれる、この森のお花たちはみな、あなたのランプで、天使さまのランプでもあるのね…」

ほんのりすけた、ホタルブクロの花びらの中で、ホタルはちょっとはずかしそうに、おしりのあかりをつけたりけしたりしながら、こたえました。

「みんなは大事な、ぼくのお宿だけれど、ぼくのあかりが、きれいなお花たちを照らしていて、お月さまにもほめられるような、ランプになっているなんて。こんなにうれしいことはありません。お花たち、いつもありがとう。これからもよろしくおねがいします」

ホタルはそう、夜空にむかってさけびました。

| Rei八ヶ岳高原 | 11:03 | comments(1) | trackbacks(0) | | - | - |

スポンサーサイト

| スポンサードリンク | 11:03 | - | - | | - | - |
Comment
管理者の承認待ちコメントです。
Posted by: - |at: 2011/10/19 10:25 AM








Trackback